THE DEFINITIVE GUIDE TO �?デジ アンテナ ブースター

The Definitive Guide to �?デジ アンテナ ブースター

The Definitive Guide to �?デジ アンテナ ブースター

Blog Article

【地デジや衛星放送のテレビアンテナを適切に受信できる方向へと向ける基本事項】

地デジ電波には拡散、回折する性質もあるため、電波塔から見て高層ビルの反対側でも、地デジ電波は十分に届きますが、ただ電波塔から見てビルの陰に当たる直近や中心部に近い部分には電波が届きにくくなり、電波塔から近いエリアであっても、地デジ放送が視聴困難なレベルにまで、地デジ電波レベルが低下することがございます。

下記の数字を参考に、現在お住まいの電界強度にあわせてテレビアンテナを選択してみるのが良いでしょう。

ラインブースター単体でも使用できますが、ゲイン(利得)が小さいため、基本はセットで使用します。

すなわち「地デジや衛星放送の電波を送信する電波塔、人工衛星の方向を正確に把握する」「その電波が現場に届く方向に、各種アンテナが最大の受信性能を発揮する正面を向けて設置する」の2点のみです。

もうひとつ、地デジアンテナの角度を調整してから、テレビ側のアンテナレベルに反映されるまで数秒のタイムラグが発生するため、正確な角度調整を行うには、やや時間と手間がかかる。テレビの設置位置によっては、アンテナ調整役とテレビ側のアンテナレベル確認役、二人以上の作業者が必要になるといった点です。

そのため受信性能の不足を補うために、ブースターを内蔵しているモデルも存在します。高層建築の付近や住宅密集地などの条件では設置できない場合もございます。

メインブースターやテレビ、レコーダーなどから電源供給する仕組みです。

デザインアンテナは主に壁面やベランダなどに設置されるため、住宅でもアンテナを設置する壁面などの側が、電波塔(地デジ電波が届く)方向であることが必須条件となります。ただアンテナ本体の半値幅はやや広く、また壁面などに設置した後、左右に扉を開くような形で角度調整もできるため、地デジ電波の方向へと的確に向けることはさほど難しくございません。

この周辺を覆う部分が細い、材質が弱いものの場合は、アンテナ線を曲げた、物を乗せた際などに内部導体の断線が起こり、電波が送信できなくなることもございますので注意が必要です。

アナログ放送時代から使用されている、魚の骨に似た古典的なテレビアンテナ「八木式アンテナ」では、骨組みの横棒にあたる短い棒が「素子」にあたり、外部からその数を確認することもできます。地デジアンテナではこの素子の数が多くなるほど、電波の受信性能が高くなり、ノイズにも影響されにくくなります。

click here ミツモア

この動作利得の基準となるアンテナには、前述した仮想上の完全な無指向性アンテナ「アイソトロピックアンテナ」と、実在するアンテナではもっともシンプルな構造となる「ダイポールアンテナ(ダブレットアンテナ)」がございます。

いわば、テレビアンテナの受信性能と、外観性や対候性は、トレードオフ、二律背反の関係にあるとも申せます。

Report this page